おでかけ

  • 印刷
大天守が見下ろす中、合戦さながらの攻防が繰り広げられた「人間将棋」=5日午後、姫路市本町、姫路城三の丸広場
拡大
大天守が見下ろす中、合戦さながらの攻防が繰り広げられた「人間将棋」=5日午後、姫路市本町、姫路城三の丸広場

 武者姿の人を駒に見立て、プロ棋士が巨大な将棋盤で対局する「人間将棋 姫路の陣」が5日、大天守が見下ろす姫路城三の丸広場(兵庫県姫路市本町)であった。秋晴れの下、約1万2千人が詰め掛け、盤上の戦国絵巻に見入った。

 取った駒を自分の駒にできるという将棋のルールが、姫路城主だった戦国武将、黒田官兵衛の「人は殺さず生かす」の精神に通じることから姫路市が昨年初めて催し、2回目。

 この日は、北村桂香女流初段と山口絵美菜女流1級が対局。20メートル四方の将棋盤に、よろいなどを身に付けて並んだ「駒役」の中学生40人を動かして争い、123手で山口女流1級が勝利した。

 人間将棋は6日も正午から行われ、糸谷哲郎八段と稲葉陽八段が対局する。見学無料。姫路市観光振興課TEL079・287・3652

(山崎 竜)

おでかけの最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 29℃
  • 21℃
  • 20%

  • 26℃
  • 16℃
  • 10%

  • 27℃
  • 20℃
  • 30%

  • 29℃
  • 19℃
  • 30%

お知らせ