おでかけ

  • 印刷
動画一覧へ
コバルトブルーに塗り直され、再び姿を現した「鉄人28号」のモニュメント=6日午前、神戸市長田区若松町6、若松公園(撮影・笠原次郎)
拡大
コバルトブルーに塗り直され、再び姿を現した「鉄人28号」のモニュメント=6日午前、神戸市長田区若松町6、若松公園(撮影・笠原次郎)
原作に近いコバルトブルーに塗り直され、お披露目された鉄人28号のモニュメント=6日午前、神戸市長田区、若松公園(撮影・笠原次郎)
拡大
原作に近いコバルトブルーに塗り直され、お披露目された鉄人28号のモニュメント=6日午前、神戸市長田区、若松公園(撮影・笠原次郎)
原作に近いコバルトブルーに塗り直され、お披露目された鉄人28号のモニュメント=6日午前、神戸市長田区、若松公園(撮影・笠原次郎)
拡大
原作に近いコバルトブルーに塗り直され、お披露目された鉄人28号のモニュメント=6日午前、神戸市長田区、若松公園(撮影・笠原次郎)

 神戸市長田区のJR新長田駅前にそびえ立つ、「鉄人28号」の巨大モニュメントの塗装修繕作業が完了し、6日、記念式典が開かれた。原作に近いコバルトブルーに塗り替えられ、輝きを取り戻した姿に住民らが一斉にカメラを向けた。

 経年劣化に伴う修繕で、費用約600万円は地元企業の協力や1枚3千円の協賛Tシャツの売り上げで捻出した。阪神・淡路大震災の復興のシンボルとして2009年に登場した鉄人は当初、アニメ版のブルーグレーだったが、昔ながらのファンの要望に応え、鮮やかな青色となった。

 式典には約300人が参加。鉄人を管理するNPO法人「KOBE鉄人PROJECT」の正岡健二理事長(68)は「より存在感を増す色になった。神戸のランドマークとしてますます活躍してくれるはず」と期待を寄せた。(長嶺麻子)

おでかけの最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 25℃
  • 19℃
  • 40%

  • 24℃
  • 16℃
  • 40%

  • 26℃
  • 19℃
  • 40%

  • 26℃
  • 17℃
  • 40%

お知らせ