三田

  • 印刷
昨年12月の「第1回シニアスポーツスクール」で行われたノルディックウオークの体験会=三田市内(市提供)
拡大
昨年12月の「第1回シニアスポーツスクール」で行われたノルディックウオークの体験会=三田市内(市提供)

 北欧発祥とされるスポーツで、兵庫県の三田市が普及を進めるノルディックウオークの大会「さんだノルディック・ウォーキングフェスタ」が3月5日、同市福島の県立有馬富士公園で開かれる。1日に参加者募集を始めたが、いきなり初日に定員100人を突破。市は急きょ定員を3倍にしたが、それも1週間で埋まる人気ぶりで、担当者は「予想を超える反響」と驚いている。(山岸洋介)

 ノルディック-は、スキーのストックのような専用ポール2本を両手に持ち、地面を突いて歩く。全身の筋肉を使うため血行が良くなり、首や肩の凝りに効果的で、ダイエットにも向くとされる。

 サンタに似た市名を生かして「関西のフィンランド」としてシティーセールスする三田市は、その効用に着目。市民の健康づくりに役立て、まちの知名度アップにもつなげようと普及に乗り出した。

 100組のオリジナルポールを製作し、インストラクターも養成。初の本格イベントとして大会を企画した。

 募集初日だけで健脚コース(約4・7キロ)に47人、初心者コース(約2・3キロ)に54人の計101人が応募。定員を300人に増やした後も殺到し、9日に枠が埋まったため募集を締め切った。子どもから高齢者まで幅広い世代が申し込み、9割が市内在住という。

 市は無料で貸し出す自前のポールが足りないため、急きょレンタルで確保。会場で振る舞うぜんざいや記念タオルも追加発注した。

 反響の大きさに、担当者は「時間を競うものではなく、気軽そうな点も受けた」と推測。人気定着に向けて「大会を安全に成功させたい」と意気込む。

 当日は午前10時半に園内のパークセンターを出発。福島大池を巡る初心者コース▽有馬富士ふもとまで足を延ばす健脚コース-のいずれにもインストラクターがつき、効果的な歩き方を助言する。

 実行委員会(市文化スポーツ課)TEL079・559・5022

三田の最新
もっと見る

天気(11月24日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ