三田

  • 印刷
分かりやすく発声を指導する榛名由梨さん(左)と高嶺ふぶきさん=三田市総合文化センター・郷の音ホール
拡大
分かりやすく発声を指導する榛名由梨さん(左)と高嶺ふぶきさん=三田市総合文化センター・郷の音ホール

 三田ゆかりの元宝塚歌劇トップスター2人による歌の教室がこのほど、兵庫県三田市総合文化センター・郷の音ホール(天神1)で始まった。指導するのは同市出身で「ベルサイユのばら」初演時に主演した榛名由梨さん(72)=西宮市=と、美貌の男役として活躍した高嶺ふぶきさん(51)=三田市あかしあ台。小学生以上なら誰でも参加でき、2人は「歌は心身の健康に効く。みんなで歌おう」と呼び掛ける。

 榛名さんは終戦直後、疎開先の同市大原で生まれた。1963年、宝塚歌劇団に入団。大ヒット作「ベルサイユのばら」で男装の麗人オスカルを、「風と共に去りぬ」ではレット・バトラーを演じた。高嶺さんは83年に入団。雪組トップスター時代には、花總まりさんを相手役として活躍し、青年貴族役などで注目を集めた。

 退団後も女優として舞台やコンサートなどで活躍する2人が、市民向けの教室を企画したのは「歌う楽しさを伝え、未来への可能性を育みたい」という気持ちから。今後は宝塚歌劇の曲や愛唱歌、歌謡曲など受講生に合わせて内容を決め、ミュージカルなどの発表会も企画したいという。

 初回は今月8日にあり、大の宝塚ファンという小学2、3年の女子児童2人と女性3人が参加。準備体操や発声練習をした後、歌唱の指導を受け、アニメ映画の主題歌を歌った。最後に榛名さんと高嶺さんが「ベルばら」の名曲「愛あればこそ」のデュエットを披露すると、受講者は感激した表情で拍手を送った。

 榛名さんは「誰でも最初から才能があるわけじゃない。好きだからこそ続けられる。それが上達の秘けつ」と語り掛けた。

 8月中は無料で受講でき、次回は26日午後5~7時。9月以降は月2回、午後6~8時に開講し、1回につき一般3500円、小中高生2千円。プランニングはるなJTEL078・597・7770

(神谷千晶)

三田の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ