三田

  • 印刷
慣れない座禅に取り組む子どもたち=三田市桑原、欣勝寺
拡大
慣れない座禅に取り組む子どもたち=三田市桑原、欣勝寺

 子どもたちが、寺院のお勤めを体験するイベントが22日、兵庫県三田市桑原の欣勝寺であった。三田、加古川などから集まった親子連れ7組が参加。読経したり、座禅を組んだりして“住職気分”を味わった。

 夏休みの思い出を作ってもらおうと、神戸電鉄が沿線の施設と協力して企画。8月上旬から各地で開かれ、三田駅では近くの欣勝寺が会場になった。

 住職は子どもたちに「足を組んだら、両手の親指を合わせて卵の形にして」などと座禅の仕方を教えた。子どもたちは2回に分けて計約15分間、静かに挑戦。慣れない体勢で疲れたのか、終了後はしびれた足を投げ出し「歩いて帰れるかな」と笑い合っていた。

 西宮市から母親と訪れた女児(5)は、肩をたたいてもらって気を引き締める「警策」を志願。「4回もたたいてもらった。気持ち良かった」と話した。(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(11月21日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ