三田

  • 印刷
図書の活用を呼び掛ける山路和子事務局長=三田市有馬富士自然学習センター
拡大
図書の活用を呼び掛ける山路和子事務局長=三田市有馬富士自然学習センター

 兵庫県三田市有馬富士自然学習センター(同市福島)に、経団連自然保護協議会から環境学習や生物多様性についての子ども向け図書100冊が寄贈され、新たに展示室に並んでいる。

 同センターは優れた参加体験型環境学習に取り組んだとして2014年度、日本自然保護協会が主催する「日本自然保護大賞」で入選。それを受けて同協議会が子ども向け図書と本棚を寄贈し、7月からセンターに置いている。

 寄贈本は「国連生物多様性の10年日本委員会」が推薦する図書の中から選定。鳥や昆虫、宇宙などの各分野に迫る図鑑シリーズや、全国各地の郷土料理など昔ながらの里山の暮らしを伝える本などがある。

 同センターには計2064冊の蔵書があり、指定管理者のNPO法人キッピーフレンズの山路和子事務局長(66)は「標本や写真などの展示で関心を持ったら、ぜひ本を開いて理解を深めて」と呼び掛ける。(神谷千晶)

三田の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 80%

  • 20℃
  • ---℃
  • 90%

  • 18℃
  • ---℃
  • 90%

  • 19℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ