三田

  • 印刷
特別賞の受賞を喜ぶ(左下から時計回りに)組合長の檜田悦夫さん、三谷周平さん、田端二見夫さん、副組合長の檜田巧さん=三田市母子
特別賞の受賞を喜ぶ(左下から時計回りに)組合長の檜田悦夫さん、三谷周平さん、田端二見夫さん、副組合長の檜田巧さん=三田市母子

 新茶の出来栄えを競う兵庫県の茶品評会で、三田市母子の加工生産組合「茶香房きらめき」が出品した母子茶が特別賞を受賞した。組合員らは「受賞は励みになる。栽培から加工まで入念に作業してきたかいがあった」と喜んでいる。(山脇未菜美)

 標高約500メートルの母子地区は昼夜の寒暖差が大きく、茶の生産に適している。香り高く、まろやかな味が特長という。現在は地元の農家33人が計約12ヘクタールで栽培し、残留農薬が国基準の10分の1以下の農産物に与えられる「ひょうご安心ブランド」にも認定されている。

三田の最新
もっと見る

天気(11月21日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ