三田

  • 印刷
生産者が新鮮野菜を対面販売する夕暮れマルシェ=8月25日、JA兵庫六甲三輪支店
拡大
生産者が新鮮野菜を対面販売する夕暮れマルシェ=8月25日、JA兵庫六甲三輪支店

 もぎたて野菜を生産者が軽トラックで販売する「夕暮れマルシェ」を、JA兵庫六甲三輪支店(兵庫県三田市三輪1)が支店前の駐車場で始めたところ、消費者から「おいしい野菜が手軽に買える」と好評だ。売り上げも上々で、生産者も「やりがいがある」と満足顔。次回は22日にあり、今後も月1、2回の開催を予定している。(山岸洋介)

 三輪支店は市内6支店で最も担当エリアが広く、組合員も約950人と最も多い。農村部だけでなく、消費地でもある市街地を抱えているのも特徴だ。

 生産者の顔が見える直売所が各地で人気を集める中、支店内から「新鮮な野菜を対面販売で消費者に届けたい」との声が上がり、夕方のマルシェ開催を企画。約20人の生産者が賛同し、出品を決めた。

 7月下旬に初回を開催し、8月も2回開いた。管内で栽培したトマト、キュウリ、ナス、ピーマンなど夏野菜を中心に販売している。価格は一般的な直売所並みと安く、3回とも約2時間で約7万~8万円を売り上げた。大西弘高支店長(42)は「予想以上の反響」と人気ぶりを喜ぶ。

 軽トラ3台の荷台や地面に置いた木箱などに、約30品目、約500点の商品を陳列。本場フランスの朝市にならい、チェック柄の敷布を使うなど「おしゃれな雰囲気も心掛けている」という。

 支店前には約4千人が働く三菱電機三田製作所があり、終業後の帰路に立ち寄る客も多い。担当者は「三田の農業が活性化する一助になれば」と話す。

 次回は22日午後4時からで、この日に解禁される三田産コシヒカリも販売する。10月以降は第1、第3金曜に開く予定。

三田の最新
もっと見る

天気(11月21日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ