三田

  • 印刷
「愛乃米」をPRする田中茂和さん=三田市上相野
拡大
「愛乃米」をPRする田中茂和さん=三田市上相野

 兵庫県三田市上相野の農家、田中茂和さん(60)が、大粒の地元産コシヒカリを袋詰めした「愛乃米」を販売している。通常の米よりも編み目が大きなふるいにかけて大粒だけを厳選。田中さんは「炊き上がりに艶があり、もちもちとした食感が楽しめる」とPRする。

 田中さんは5年前、会社員から農家に転身。コシヒカリや酒米の山田錦などを約20ヘクタールで育てる。

 「せっかく作るんだったら、おいしい米を食べてもらいたい」と田中さん。各地の米を調べたところ、新潟県魚沼産コシヒカリなどブランド米の特長の一つが大粒だったという。

 牛ふんなど有機肥料を使い、田んぼの隅々まで栄養と水が行き渡るように土の耕し方を工夫した。当初は編み目が1・85ミリ四方のふるいだったが、今年は2・05ミリ四方の編み目で選別できるようになった。

 地元への愛を込めて命名。地域の約60人に味見してもらったところ「炊飯器で炊いた時に、米が立っている」と評判も上々という。2合で380円。(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(1月17日)

  • 13℃
  • 11℃
  • 90%

  • 12℃
  • 7℃
  • 90%

  • 13℃
  • 8℃
  • 80%

  • 14℃
  • 8℃
  • 90%

お知らせ