三田

  • 印刷
子どもやファンの前であいさつする道原紀晃選手とコナー・ラマート選手=三田市けやき台1、イオン三田ウッディタウン店
拡大
子どもやファンの前であいさつする道原紀晃選手とコナー・ラマート選手=三田市けやき台1、イオン三田ウッディタウン店

 人権週間(4~10日)に合わせ、プロバスケットボールチーム「西宮ストークス」の道原紀晃選手(27)とコナー・ラマート選手(23)が5日、一日人権擁護委員を務め、兵庫県三田市けやき台1のイオン三田ウッディタウン店で啓発活動に取り組んだ。

 市や神戸地方法務局などが毎年開く。ストークスは昨シーズン、2部の初代王者となり、1部に昇格。今年は初めて三田市で1部の公式戦があり、ストークスは先月に続いて9、10日にも駒ケ谷運動公園で試合を行う。

 児童やファンら約50人が見守る中、道原選手は「外国人とプレーすることも多いが、思いを互いに伝え合うことが大事」と語り、コナー選手は「他国の文化を理解する努力をしている」と自身の経験を話した。

 2人はクリアファイルや啓発チラシなどを配った後、ファンと交流。バスケットボールにサインしてもらった藤原台小4年の男児(9)=神戸市北区=は「いつも応援しているのでうれしい。宝物にしたい」と大喜びだった。(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 60%

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ