三田

  • 印刷
新酒「しぼりたて」をPRする岡村隆夫さん=岡村酒造場
拡大
新酒「しぼりたて」をPRする岡村隆夫さん=岡村酒造場

 兵庫県三田市木器の造り酒屋「岡村酒造場」が今季の新酒「しぼりたて」の販売を始めた。店の軒先には、新酒の完成を知らせる「杉玉」が取り付けられ、本格的な冬の訪れを告げている。

 岡村酒造場は1889年に創業。5代目で杜氏を務める岡村隆夫さん(73)と、後継者で四女の理恵さん(41)の2人で清酒「千鳥正宗」のシリーズを造る。

 今年は11月1日から新酒の仕込みを開始。三田産の酒米「五百万石」を使って米こうじを作り、酒米、羽束川の伏流水とともにタンクに保管。温度を12~15度に保ちながら、朝と夕方に専用の棒で混ぜるなどし、約2週間発酵させた。

 瓶詰めした新酒は千鳥正宗シリーズの「しぼりたて」として12月1日に販売開始。発酵の期間が短いため、すっきりした飲み口が特長という。岡村さんは「酒造りは気候との勝負。今年は11月後半によく気温が下がったので、まろやかな仕上がり。おせち料理と一緒に楽しんで」と話す。

 「しぼりたて」は1・8リットル2360円、900ミリリットル1210円。今月中旬には古代米を使った「古代しぼり」なども順次発売する。午前8時~午後7時。月曜休み。岡村酒造場TEL079・569・0004

(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(12月18日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ