三田

  • 印刷
書き損じはがきなどの提供を呼び掛ける三田ユネスコ協会のメンバー=三田市屋敷町
拡大
書き損じはがきなどの提供を呼び掛ける三田ユネスコ協会のメンバー=三田市屋敷町

 兵庫県の三田ユネスコ協会(事務局・市文化スポーツ課生涯学習係)は、書き損じはがきや未使用切手、新品のプリペイドカードの提供を呼び掛けている。毎年恒例のキャンペーンで、貧困や紛争で学校に通えない子どもの教育支援に役立てる。市役所や小中学校、各市民センターなど計40カ所に回収箱を設置している。来年1月31日まで。

 日本ユネスコ協会連盟が行う「世界寺子屋運動」の一環。集まったはがきを切手に代えるなどし、同連盟が換金したり、協力企業に購入してもらったりする。

 はがき1枚で約47円の募金につながる。カンボジアでははがき132枚分で子ども1人が1年間学校に通え、5万5千枚で学校を建てられるという。

 三田ユネスコ協会の馬場俊彦会長(73)は「はがき1枚でも貴重な支援。書き損じた年賀状などを提供してほしい」と話す。市文化スポーツ課生涯学習係TEL079・559・1587

(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(4月23日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 40%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ