三田

  • 印刷
三田特産の太ネギ「極ぶとくん」を収穫する和泉雅人さん=三田市下青野
三田特産の太ネギ「極ぶとくん」を収穫する和泉雅人さん=三田市下青野

 兵庫県の三田特産の太ネギ「極ぶとくん」の販売が、三田市川除の農産物直売所「パスカルさんだ一番館」で始まった。10月下旬の台風21号による風雨で根元から折れるなどの被害が相次ぎ、一時は成長が危ぶまれた。しかしその後の生育が順調で、8日に今シーズン初めての出荷にこぎ着けた。農家は「毎年楽しみにしてくれるお客さんもいる。収穫できて良かった」と胸をなで下ろす。出荷は来年3月末まで続く。(山脇未菜美)

 極ぶとくんは1997年、旧三田市農協が特産品をつくろうと、栽培が始まった。太さは一般的な白ネギの約1・5倍。長さ70センチ以上で、根元の白い部分が20センチ以上あるものが「極ぶとくん」として認められる。煮込むと茎や葉がトロトロになり、鍋料理に向いているという。

三田の最新
もっと見る

天気(7月21日)

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ