三田

  • 印刷
会員の力作が並ぶ会場=三田市総合文化センター・郷の音ホール
拡大
会員の力作が並ぶ会場=三田市総合文化センター・郷の音ホール

 神戸や三田の写真愛好家でつくる「コウベ写真研究会」の作品展が、兵庫県三田市天神1の市総合文化センター・郷の音ホールで開かれている。構図や色合いなどにこだわった85点が並ぶ。26日まで。

 研究会は2001年、神戸市北区の写真家古家輝雄さんの教え子たちで結成。60~80代の19人が月1回集まり、互いの作品を批評し合うなどして技術の向上を目指している。

 車に反射した祭りのにぎわいを切り取った作品や、路地裏でネコがくつろぐ様子を捉えた1枚など、県や各市町の公募展で入選した作品がずらり。日焼けで肌が赤くなった子どもの顔を写した3枚組の写真も目を引く。

 会長の河本清一さん(77)=神戸市北区花山台=は「一人一人の感性が詰まった写真を楽しんで」と話す。

 午前9時~午後5時(最終日は午後4時まで)。コウベ写真研究会TEL078・951・6750

(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 23℃
  • 17℃
  • 10%

  • 22℃
  • 12℃
  • 60%

  • 24℃
  • 16℃
  • 10%

  • 24℃
  • 15℃
  • 10%

お知らせ