三田

  • 印刷
初日の出を写真に収めようと、スマートフォンで撮影する登山客たち=羽束山
拡大
初日の出を写真に収めようと、スマートフォンで撮影する登山客たち=羽束山

 新年を迎えた1日、兵庫県三田市香下の羽束山では約200人が初日の出を拝んだ。時間とともに、薄暗い空があかね色に染まっていく様子を眺め、すがすがしい1年のスタートを切った。

 羽束山は標高524メートル。この日は早朝から登山客が訪れ始め、懐中電灯で足元を照らしながら、真っ暗な山道を登っていった。約45分かけて山頂にたどり着いた後は、地元の氏子らが用意したたき火で体を温めたり、山頂にある羽束神社に参拝したりして御来光を待った。

 午前7時すぎ、神々しい太陽が顔を出すと、登山客たちは「きたきた」「きれいやなあ」などと歓声を上げ、スマートフォンで撮影したり、手を合わせたりしていた。初めて訪れた幼稚園児(6)=西宮市=は「空がオレンジ色できれいだった」と満足そうに話した。(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 4℃
  • ---℃
  • 30%

  • 0℃
  • ---℃
  • 80%

  • 3℃
  • ---℃
  • 20%

  • 4℃
  • ---℃
  • 50%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ