三田

  • 印刷
災害時の応援協定を結んだ三田市の森哲男市長(前列右から3人目)と企業・団体の代表者ら=三田市役所
拡大
災害時の応援協定を結んだ三田市の森哲男市長(前列右から3人目)と企業・団体の代表者ら=三田市役所

 兵庫県三田市は17日、災害時の優先給油や支援物資の安定供給などに向けた応援協定を、市内に事業所のある5社1団体と結んだ。森哲男市長と代表者が協定書を交わした。

 レンゴーロジスティクス三田流通センターと日立オートモティブシステムズ阪神は、支援物資の集積場所を提供。片山化学工業は廃油など危険物を一時保管する。桐灰小林製薬は携帯カイロを、林はタオルを提供する。

 給油所17カ所が加盟する県石油商業組合三田支部は、緊急車両や公用車、病院や避難所などに優先して燃料を供給する。

 これまで市は災害時の協定について、物資の供給や輸送、人材・技術・資材の提供など7分野で85件を締結。今回の締結で91件となった。森市長は「今後もさまざまな分野の力を借り、市民の安全安心を守るための備えを万全にしたい」と語った。

 また市は17日、震災の犠牲者を追悼するため、公共施設に半旗を掲揚。正午ごろ、職員らが1分間の黙とうをささげた。(山岸洋介)

三田の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 18℃
  • 11℃
  • 10%

  • 18℃
  • 7℃
  • 20%

  • 19℃
  • 10℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ