三田

  • 印刷
追悼の思いを込め、太鼓をたたく三田太鼓のメンバー=三田市駅前町
拡大
追悼の思いを込め、太鼓をたたく三田太鼓のメンバー=三田市駅前町

 兵庫県のJR三田駅前では17日夕、和太鼓グループ「三田太鼓」が震災の犠牲者を悼む「鎮魂と希望の太鼓」を響かせた。悪天で中止も検討されたが、雨をしのげる商業施設「キッピーモール」の玄関前で開催。通行人や買い物客が聞き入った。

 三田太鼓は「被災者の励みになれば」と、震災直後から神戸や阪神間の避難所や仮設住宅を回り、多い日は1日5カ所で演奏した。三田市で大きな被害はなかったが「記憶を風化させないように」と、ほぼ毎年1月17日に市内で太鼓をたたいている。

 メンバー10人が震災の発生時刻から12時間後の午後5時46分に合わせ、聴衆と一緒に黙とう。震災後にできたオリジナル曲「鎮魂」など4曲を披露した。

 森永聡会長(57)は「つらくても助け合った日々を心に刻むのが、今を生きる者の務め。来年以降もこの日を大切にしていきたい」と語った。(山岸洋介)

三田の最新
もっと見る

天気(2月26日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ