三田

  • 印刷
すごろくを楽しむ参加者=三田じばやん俱楽部
拡大
すごろくを楽しむ参加者=三田じばやん俱楽部

 兵庫県三田市三田町の県民交流広場「三田じばやん倶楽部」で20日、オープン4周年を記念したイベントがあった。子どもたちにお雑煮が振る舞われ、世代を超えて楽しむ正月遊びに笑顔の輪が広がった。

 県民交流広場は、住民らが地元の既存施設を地域活動の拠点として活用するもので、県が助成金で支援する。「じばやん-」は、「じいちゃん・ばあちゃん・ヤング」の頭文字で、多世代交流を深めようと2014年1月にオープン。民家を改築し、多様な催しやカフェを開いている。

 記念イベントには子ども約10人が参加。金時ニンジンや大根が入った白みそ仕立てのお雑煮を味わい、すごろくやこま回し、福笑い、たこ揚げを地域の大人たちと楽しんだ。

 母親や姉と訪れた男児(6)は、約1年前から「じばやん-」で教わるこま回しに熱中。次から次に回転させ、最大で七つのこまが同時に回ると「すごい」「名人やね」と周囲から声が上がった。男児は「お雑煮もおいしかったし、楽しかった」と笑顔だった。(山岸洋介)

三田の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 0%

  • 29℃
  • 13℃
  • 0%

  • 29℃
  • 19℃
  • 0%

  • 31℃
  • 17℃
  • 0%

お知らせ