三田

  • 印刷
伊藤延行さんに教えてもらいながら檜皮ぶきの工程を体験する生徒=三田市長坂、長坂中学校
伊藤延行さんに教えてもらいながら檜皮ぶきの工程を体験する生徒=三田市長坂、長坂中学校

 日本独自の屋根ふき工法「檜皮ぶき」を学ぶ授業が25日、兵庫県三田市長坂の長坂中学校であった。3年生約50人が参加。職人の技を間近に見た後、竹くぎをヒノキの皮に打ち込んでいく「くぎ打ち」に挑戦するなど、伝統文化の奥深さに触れた。(山脇未菜美)

 檜皮ぶきは飛鳥時代に始まったとされる。ヒノキの皮を重ねて屋根を作る方法で、三田市内では国指定重要文化財の御霊神社本殿(貴志)や高売布神社(酒井)の本殿などに用いられている。

三田の最新
もっと見る

天気(8月21日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ