三田

  • 印刷
雪の中釣り糸を垂れる太公望たち=三田市小柿、小柿渓谷放流釣り場
拡大
雪の中釣り糸を垂れる太公望たち=三田市小柿、小柿渓谷放流釣り場

 羽束川上流で釣果を競う「新春あまご釣り大会」が28日、兵庫県三田市小柿の小柿渓谷放流釣り場で開かれた。県内外の愛好家41人が午前6時から釣り糸を投げ入れ、雪の降り積もる川辺でアマゴを次々と釣り上げた。(神谷千晶)

 釣り場を管理する羽束川漁業協同組合小柿漁区が毎年開催する恒例行事。釣ったアマゴの数を競う「大漁賞」のほか、男性の部では2匹の合計体長を競う「大物賞」がある。入賞者には地元産コシヒカリや野菜のセットなどが贈られる。

 男性の部で大漁賞1位に輝いた大阪府大阪狭山市の会社員、宮本恵さん(56)は、初参加で31匹を釣り上げた。「今年最初の釣りで優勝するなんて幸先がいい。また小柿に来たい」と手応えを語った。

 同賞2位は30匹を釣った三田市けやき台の自営業、岡達治さん(57)。昨年も2位だったといい、「来年こそは3度目の正直を狙う」と意気込んだ。妻の恭子さん(57)は女性・子どもの部で優勝し「ムニエルやから揚げのほか、お米と一緒に炊飯器で炊いてアマゴごはんにしてもおいしい」と笑顔を見せた。

 釣り場の営業は5月上旬まで。小柿渓谷放流釣り場TEL079・569・0693

三田の最新
もっと見る

天気(11月13日)

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 50%

  • 18℃
  • ---℃
  • 30%

  • 18℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ