三田

  • 印刷
創意工夫にあふれた力作が並ぶ三田市美術展=三田市総合文化センター・郷の音ホール
拡大
創意工夫にあふれた力作が並ぶ三田市美術展=三田市総合文化センター・郷の音ホール
絵画部門で市展賞を受けた原ちとせさんの作品「STILLALIVE」=三田市総合文化センター・郷の音ホール
拡大
絵画部門で市展賞を受けた原ちとせさんの作品「STILLALIVE」=三田市総合文化センター・郷の音ホール

 第38回三田市美術展が1日、市総合文化センター・郷の音ホール(兵庫県三田市天神1)で始まった。市内外から公募で集まった力作の中から、絵画や写真など4部門で入賞・入選した153点を展示している。4日まで。

 市などが毎年主催。2017年度は絵画90点、彫刻・工芸23点、書14点、写真120点の計247点の応募があった。

 洋画や日本画を集めた絵画部門で最優秀の市展賞に輝いたのは、猛禽類の鋭いまなざしが印象的な原ちとせさん(丹波市)の「STILLALIVE」。彫刻・工芸部門では竹中恭子さん(西宮市)のオブジェが市展賞を受賞した。

 写真部門の会場を訪れた猪名川町の男性(65)は「良い風景作品が多く、年々レベルが上がっているのでは。来年は自分も挑戦したい」と語った。

 4日午後3時から同ホールで表彰式がある。市内の高校生の美術作品を集めた第14回三美展も開催中。同ホールTEL079・559・8100

(神谷千晶)

三田の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 0%

  • 29℃
  • 13℃
  • 0%

  • 29℃
  • 19℃
  • 0%

  • 31℃
  • 17℃
  • 0%

お知らせ