三田

  • 印刷
市幹部に再質問する高校生=三田市議会議場
拡大
市幹部に再質問する高校生=三田市議会議場

 兵庫県三田市内の高校生が“議員”になって、市長らに質問や提案を行う「高校生議会」が3日、市議会議場(三輪2)であった。市内の6校から19人が参加。通学路の防犯灯増設や会員制交流サイト(SNS)を使った町のPRなど、若者目線の意見を伝えた。

 高校生と一緒に町の未来を考えようと、市が2016年から開く。議場には、森哲男市長ら市の幹部約20人が出席した。

 三田松聖高2年の男子生徒(17)=溝口=は、米を収穫する秋ごろになると、県道141号近くの通学路に農作業用の車に付いた泥が落ちていると指摘。「部活帰りに自転車で走っていると、泥に乗り上げてこけてしまい、けがをしてしまった」と改善を求めた。

 有馬高定時制課程2年の女子生徒(17)=富士が丘=は、若い世代に市の情報を伝えるため、SNSの活用を提案した。入江貢副市長は「地域の活性化につなげられるように、さまざまな手法を駆使したい」と答えていた。(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 0%

  • 29℃
  • 13℃
  • 0%

  • 29℃
  • 19℃
  • 0%

  • 31℃
  • 17℃
  • 0%

お知らせ