三田

  • 印刷
三田陶遊会のメンバーの力作が並ぶ会場=ふれあいと創造の里・陶芸館
拡大
三田陶遊会のメンバーの力作が並ぶ会場=ふれあいと創造の里・陶芸館

 兵庫県三田市内の陶芸愛好家らでつくる三田陶遊会の作品展が、ふれあいと創造の里・陶芸館(同市四ツ辻)で開かれている。味わい深い色使いの皿や湯飲み、細部まで作り込んだ香炉など31点が並ぶ。28日まで。

 同館の陶芸教室を修了した50~80代のメンバー51人が所属。毎年、作品展を開催している。

 使用する窯やうわぐすりによって色合いが異なり、鮮やかな青が映えるつぼや、焼成中の灰によって自然発色したとび色の花器など彩り豊かな力作がずらり。ろくろを用いず手で形作る「手びねり」で作った陶器のひな人形なども目を引く。

 同会の吉原信雄会長(71)は「陶器は焼き上がりまでどんな色合いになるのか分からない。偶然性の芸術を楽しんでほしい」と話している。

 午前9時~午後4時半。月曜休館。(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(4月27日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ