三田

  • 印刷
斎藤正八段(右)との指導碁に取り組む参加者ら=三田市弥生が丘1、フローラ88
拡大
斎藤正八段(右)との指導碁に取り組む参加者ら=三田市弥生が丘1、フローラ88

 プロ棋士と市民の交流イベント「コムス囲碁まつり」が21日、兵庫県三田市弥生が丘1の商業施設「フローラ88」で開かれた。初めて2度の全七冠独占を果たした井山裕太氏が2月に国民栄誉賞を受けるなど、囲碁の注目度は高まっている。参加した約70人の愛好家は、プロとの指導碁などで実力アップを目指していた。

 囲碁を通じてニュータウンの住民間の交流を図ろうと、2014年から同施設を運営する「北摂コミュニティ開発センター」が開いており5回目。1部では、三田市在住の坂井秀至八段(44)が、同じく市内に住むアマ六段の西村拓実さん(24)と公開対局した。

 西村さんは今月10日にあった県アマ囲碁名人戦(神戸新聞社主催)の阪神地区大会で上位入賞し、中央決勝に進んだ実力者。果敢に攻めたが、坂井八段が貫禄の勝利を決めた。

 この後、関西棋院の斎藤正八段ら3人に、それぞれ5人の愛好者が対局し、勝負しながら局面ごとに助言を受ける「指導碁」が開かれた。2回目の参加という女性(69)=同市狭間が丘=は「プロに教わる機会はめったにない。助言を生かしてさらに上達したい」と話していた。(高見雄樹)

三田の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ