三田

  • 印刷
三田市内各地の風景を題材にした切り絵作品が並ぶ会場=さんだ市民センター
拡大
三田市内各地の風景を題材にした切り絵作品が並ぶ会場=さんだ市民センター

 兵庫県三田市内の切り絵愛好家らが出展する作品展「三田風景展」が、三田市三田町のさんだ市民センターで開かれている。有馬富士やJR三田駅前の街並みなど市内各地の風景を模写した27点が並ぶ。

 60~80代の12人でつくる「三田きりえクラブ」が毎年開いている。

 黒い紙の上に下絵を置き、カッターナイフで切り抜きながら線を残して絵を完成させていく切り絵。着色は絵の裏から和紙を貼り付けて行い、色調は和紙を重ねて表現するという。

 会場では、木漏れ日が降り注ぐ天神公園や2人の小学生が歩く三田本町通りセンター街など、日常の風景を彩り豊かに表現した作品が目を引く。

 同クラブ会長の松尾裕美さん(63)=天神=は「和紙のしわや少し曲がった線がアクセントになっている。写真では表せない味わいを感じてほしい」と話している。

 同センターでは同クラブが加盟する「三田きりえフォーラム」の会員3人が手掛けた作品も展示されている。

 いずれも26日まで。午前10時~午後5時(26日は午後4時まで)。無料。(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(9月21日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ