三田

  • 印刷
日本庭園を彩る満開のツツジ=心月院
拡大
日本庭園を彩る満開のツツジ=心月院

 三田藩主・九鬼家の菩提寺として知られる心月院(兵庫県三田市西山2)で、ツツジが満開を迎えている。鮮やかな赤や淡いピンクの花が、約800平方メートルの日本庭園に彩りを添えている。見頃は5月1日ごろまでという。

 心月院の児島正龍住職によると、1980年ごろ、キリシマツツジとヒラドツツジを庭に植えた。丁寧に手入れを続け、今では、遠方からバスなどで観光客が訪れるほどのツツジの名所になった。

 今年は例年よりも1週間ほど早く開花したといい、白砂に描かれた「砂紋」に赤と白のコントラストが映える。友人と訪れた女性(65)=宝塚市=は「門をくぐると、視界にきれいな花が飛び込んできた。よく手入れされていて、華やかな気分になった」と話していた。

 無料。午前9~午後4時。心月院TEL079・562・4310

(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 28℃
  • 20℃
  • 0%

  • 29℃
  • 14℃
  • 0%

  • 29℃
  • 19℃
  • 0%

  • 32℃
  • 17℃
  • 0%

お知らせ