三田

  • 印刷
生徒と一緒に野菜の苗を植える参加者ら=有馬高校
拡大
生徒と一緒に野菜の苗を植える参加者ら=有馬高校

 有馬高校(兵庫県三田市天神2)で生徒が市民に野菜や果物の栽培方法を教える「クラインガルテン~市民農園」が8日、同校の実習農場で始まった。農業を学ぶ「人と自然科」の3年生13人と市内外の10人が、キュウリやピーマンなどの夏野菜の苗を一緒に植えた。

 地域と交流を深め、学習成果を知ってもらおうと2000年から開催。今年は約20人の応募があった。12月まで週1回、畑で作業に汗を流す。

 開校式で天知吾郎校長が「生徒たちには、日々の勉強を通じて園芸を教えられる力が付いている。地域が盛り上がるよう技術や知識を生かしてほしい」とエールを送った。

 農場では、松原未来教諭(46)が苗の植え方を指導。生徒たちも「苗の間隔を空けてください」「キュウリは深く植えないように」などとアドバイスし、ナスやトマトなど9種類18株を参加者と一緒に植えた。

 女性(70)=同市=は「生徒たちから若いパワーをもらい、野菜を育てるのがとても楽しみ」と笑顔。女子生徒(17)は「皆さんと収穫するのが待ち遠しい」と話していた。(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 32℃
  • 23℃
  • 20%

  • 34℃
  • 18℃
  • 10%

  • 32℃
  • 23℃
  • 20%

  • 32℃
  • 22℃
  • 20%

お知らせ