三田

  • 印刷
自身の体験や思いを話す牧村朝子さん=関西学院大学神戸三田キャンパス
拡大
自身の体験や思いを話す牧村朝子さん=関西学院大学神戸三田キャンパス

 性的少数者(LGBT)について理解を深める講演会が17日、関西学院大学神戸三田キャンパス(兵庫県三田市学園2)であった。レズビアンであることを公表しているタレントで文筆家の牧村朝子さん(30)が自身の経験を話し、学生や教職員ら90人が耳を傾けた。

 映画の上映会やパネル展示などを通して多様な性を考える「関学レインボーウイーク」の一環。

 「以前は、女性を好きなことは悪いことだと思っていた」と牧村さん。20歳のころには、罪悪感を解消しようと、無理をして男性と交際したという。

 近年は理解が深まり、性的少数者の採用枠を設ける企業も出てきたが、牧村さんは「カミングアウトしないといけない状況が生まれている」と指摘。「性的少数者かどうかを分類することに違和感がある。全ての人が尊重される社会になってほしい」と締めくくった。

 参加した総合政策学部1年の女子学生(18)は「多様性を認め合いながら、みんなが住みやすい社会になるよう勉強に励みたい」と話した。(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(6月21日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ