三田

  • 印刷
森哲男市長と協定書を交わす行政システムの大垣貴史大阪支店長(右)=市役所
森哲男市長と協定書を交わす行政システムの大垣貴史大阪支店長(右)=市役所

 兵庫県三田市は28日、人工知能(AI)を使ってスマートフォンの無料通信アプリLINE(ライン)上で市民からの問い合わせに応じるサービスについて、地方自治体向けソフトウエア開発の「行政システム」(東京都)と、実証実験のための連携協定を結んだ。市役所内でのテストを経て8月にも、市民が参加する実験を始める。

 AIが案内するのは、住民票の発行など各種証明手続き▽ごみの分別▽子育て関連情報▽公園やグラウンドの利用案内-の4分野。1分野につき約100件の回答をあらかじめ設定する。多様な問い合わせへの回答精度を上げるため、当面はAIに学習させる「チューニング」作業を進める。

三田の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ