三田

  • 印刷
ヘルプマークの入ったカードとストラップ=三田市役所
拡大
ヘルプマークの入ったカードとストラップ=三田市役所

 兵庫県三田市は6月、外見から分かりにくい病気や障害がある人が外出時に着ける「ヘルプマーク」を導入する。災害時に医療・介護の対応が必要な「避難行動要支援者」らにマークの入ったカードとストラップを配る。市は「カードを持っている人が困っていれば助けてほしい」と呼び掛ける。

 ヘルプマークは2012年に東京都が作成し、日本工業規格(JIS)に登録されている。内臓疾患や精神障害、妊娠初期など、見た目でサポートの必要性が分かりにくい人たちに持ってもらうことで周囲の支援を促す。全国の自治体で導入が進んでいる。

 三田市はヘルプマークの入ったカードを作成。二つ折りの名刺サイズで、名前や住所、緊急連絡先のほか、「助けてもらいたいこと」「病名・処方薬・アレルギーに注意すること」などを記入できる。カードと一緒にストラップも配る。

 1日から、市が避難行動要支援者として把握している約5600人やマークを着けたい人に配布する。市福祉総務課や市総合福祉保健センター、まちづくり協働センター、各市民センターなど計14カ所に置く。市危機管理課TEL079・559・5057

(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(6月21日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ