三田

時計2018/5/31 05:30神戸新聞NEXT

  • 印刷
市が農家に配った野焼きを容認するチラシ
拡大
市が農家に配った野焼きを容認するチラシ

 兵庫県三田市と三田署の見解が異なり、農家に困惑が広がっていた野焼きについて、市オンブズパーソンは30日公表した調査結果で、農家の野焼きを容認してきた市の姿勢を強く批判した。ニュータウンと農村地域が隣接する都市のモデルとして、具体的な解決策も提案したが、農家からは「古くから続けてきた野焼きは簡単にやめられない」という声も漏れた。

 調査結果によると、「周辺に延焼するような規模の焼却は、廃棄物処理法の例外とは認められないのではないか」と三田署から市に照会があった。市は「例外に該当する」と回答し、三田署と市の見解を文書にして市内の農家に配ったという。オンブズパーソンの曽和俊文関西学院大教授は「驚いた。今回の問題の象徴的な出来事」とし、調査結果では「三田署と市の見解が対立していることを市が自ら世間に示し、市民を混乱させたのは極めて不適切」と断じた。

 1996年まで10年連続で人口増加率が日本一だった同市は、農村地帯に隣接する山林にニュータウンが造成された。オンブズパーソンは野焼き問題を「三田の重要課題」と位置付け、刈り取った草をクリーンセンターで焼却するため、回収する仕組みづくりの検討など具体策を提案した。

 ただ、農家にとってあぜの草刈りは害虫を防ぐために欠かせない。ため池の堤防の草を焼くことで新芽の発育が促されて根が発達し、土手の崩壊防止に効果があるともされる。

 農家(73)は「農家にとって刈った草の焼却は必要。ダイオキシン発生防止のために稲わらと草以外は燃やさないことや、煙を少なくするため草を完全に乾燥させることなどを地域で徹底している。消防にも連絡する。情報をオープンにして、相互の理解を進めたい」と話す。(高見雄樹)

■市オンブズパーソン調査結果の要点

 ①市は野焼きの苦情に正面から向き合っておらず、問題を正しく把握・分析していない。

 ②住民生活に悪影響を及ぼすような野焼きは許されない。不適切な野焼きを禁止するよう指導すべきだ。

 ③三田署と市の見解が対立していることを市が自ら世間に示し、市民を混乱させたのは極めて不適切。

 ④農業・住宅都市の三田にとって、野焼き問題は工夫して解決すべき重要課題。

 ⑤稲わらや刈り取った草は、市が一般廃棄物として回収するシステムを検討すべきだ。

三田の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 23℃
  • 17℃
  • 10%

  • 22℃
  • 12℃
  • 60%

  • 24℃
  • 16℃
  • 10%

  • 24℃
  • 15℃
  • 10%

お知らせ