三田

  • 印刷
草抜きに汗を流す「田村園芸」のメンバーら=花しょうぶ園
拡大
草抜きに汗を流す「田村園芸」のメンバーら=花しょうぶ園

 観光園「花しょうぶ園」(兵庫県三田市永沢寺)が5日、開園する。今年も昨年に続いて、フラワータウンなどの園芸愛好家ら約10人が園内の除草に協力。膝元まで生い茂った雑草をかき分け、作業に汗を流している。

 同園では約1万平方メートルの敷地に約300万株が育つ。ハナショウブを傷つけないように草刈り機や除草剤は使わず、手作業で草を抜く。職員と地域住民らが担ってきたが、高齢化でここ数年は手が回りきらなかったという。

 昨年5月、市内で庭の手入れや草刈りなどを有償で担うボランティアグループ「田村園芸」のリーダー田村和成さん(67)=武庫が丘=が、友人から同園の状況を聞き、「地域の貴重な観光資源を守りたい」と協力することにした。

 メンバーは5月上旬から週1、2回、交代で参加し、強い日差しの中、地面をはうように動き、作業に励んでいる。現在は全体の9割ほどの草抜きが終わり、開園後も引き続き取り組むという。

 田村さんは「きれいな環境でハナショウブを楽しんでもらうため頑張っている。来年以降も手伝っていきたい」と話している。

 開園期間は7月上旬ごろまで。午前8時~午後6時。高校生以上800円、中学生以下は無料。同園TEL079・566・0935

(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(8月18日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 33℃
  • ---℃
  • 0%

  • 33℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ