三田

  • 印刷
独創的なガラスの作品が並ぶ会場=カフェ&ギャラリーうわのそら
拡大
独創的なガラスの作品が並ぶ会場=カフェ&ギャラリーうわのそら

 京都府のガラス作家・荒川尚也さん(64)の展示会が、兵庫県三田市末のカフェ&ギャラリーうわのそらで開かれている。熱で溶かしたガラスを竿に巻き取って息を吹き込む「宙吹き技法」で仕上げた約150点が並ぶ。10日まで。

 荒川さんの作品は、透明なガラスの内部に作った気泡が特徴。うわのそらを営む勝田敏治さん(47)が子どものころから荒川さんの器などを愛用していた縁で、約20年前から定期的に同ギャラリーで個展を開く。

 細かい気泡でらせん状の模様を描いた皿やコップ、花器など日常で使える品がずらり。ガラスを黒く着色して陶器のように見せた皿も目を引く。展示を担当する勝田さんの妻希さん(45)は「飾るだけでなく、飲み物や食材で彩ると表情が変わるのが魅力」と話す。

 無料。午前11時~午後5時。作品は販売している。うわのそらTEL079・567・3556

(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ