三田

  • 印刷
三田市が市観光協会に委託して発行した冊子「ビーフ天国」
拡大
三田市が市観光協会に委託して発行した冊子「ビーフ天国」

 兵庫県三田市の肉に関する情報を1冊に詰め込んだ冊子「ビーフ天国」を三田市観光協会が作り、観光客への配布を始めた。「三田牛」は全国でも一定の知名度があるが、「市内のどこで食べられるのか」という問い合わせが多いことに対応。レストランや精肉店のほか肥育農家の情報も盛り込み、肉好きを満足させる内容になっている。

 ビーフ天国はまず、市内6カ所の精肉店を掲載。中でも、JA兵庫六甲の農産物直売所「パスカルさんだ一番館」(同市川除)の精肉部は、希少とされる三田牛だけを扱う「超専門店」と紹介する。

 続いて市内のステーキレストランや焼き肉店、バーベキューテラスから肉バルまで、約20店の看板メニューを豊富な写真付きで掲載。さまざまな肉の楽しみ方を提案する。

 人気洋菓子店「パティシエ エス コヤマ」(同市ゆりのき台5)の「三田牛と自家製ベーコンのベーグルバーガー」や、市役所内で営業するさんさん食堂の名物メニュー「三田牛コンソメのカレー」など、肉を使った料理を提供する店も紹介する。営業時間や価格、駐車場などの情報もあり、今すぐに行きたい店を探すことができる。

 冊子は三田市の委託事業で作り、A5判16ページ。2万部を印刷し、有馬温泉の旅館・ホテルや神戸市内の集客施設に置いてもらう。三田市内では、三田駅前の総合案内所や各市民センターで配布する。

 同協会が市内の食べ物に特化した冊子を企画するのは、2015年にケーキなどのスイーツを特集して以来2回目。担当者は「老若男女のお肉好きに手にしてもらい、おいしい三田の肉を現地で味わってほしい」と力を込める。

 市観光協会事務局TEL079・561・2241

(高見雄樹)

三田の最新