三田

  • 印刷
協定書に署名するファブスコの江藤邦彦社長(左)とイー・ファシリティの田島彰洋社長=三田市役所
協定書に署名するファブスコの江藤邦彦社長(左)とイー・ファシリティの田島彰洋社長=三田市役所

 兵庫県三田市は12日、電気自動車(EV)の充電設備を運用するファブスコ(福岡市)などと、三田市内3カ所の公共用地にEVの急速充電器を設置する協定を結んだ。エコカーを普及させて温室効果ガスの排出を減らす狙い。充電設備は9月ごろから利用できる。

 ファブスコと子会社のイー・ファシリティ(大阪市)と三者協定を締結。イー社は市から土地を借り、国の補助金と自己資金で設備を整備して利用者から料金収入を得る。ファ社は充電設備の利用促進を担い、市はトラブル発生時の保守費用を負担する。

三田の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 17℃
  • 11℃
  • 10%

  • 15℃
  • 9℃
  • 40%

  • 16℃
  • 9℃
  • 0%

  • 16℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ