三田

  • 印刷
小中高生が使う教科書が並ぶ会場=三田市役所南分館
拡大
小中高生が使う教科書が並ぶ会場=三田市役所南分館

 兵庫県三田市内の小中高生が2019年度に使う教科書の展示が15日、三田市中央町の市役所南分館4階で始まった。19年度から中学校で「特別の教科」となる道徳など約1250冊が並ぶ。28日まで。

 保護者らに学校教材を知ってもらおうと、市教育委員会が毎年開く。現在、使用されている教科書のほか、中学の道徳は出版社8社分を用意した。

 文部科学省は「考え、議論する道徳」を掲げており、読み物の後に、考えを深める質問やグループ討論を促す工夫が多い。いじめ問題では、加害者や被害者、面白がる人、見て見ぬふりをする人など、さまざまな立場で考えられるようになっている。

 オリンピックや野球選手、震災の被災者らが困難を乗り越えた実話なども目立つ。市教委の担当者は「たくさんの教科書を目にする機会は少ないので見に来てほしい」と話す。

 無料。午前9時~午後5時。市教委学校教育課TEL079・559・5123

(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 50%

  • 10℃
  • 5℃
  • 60%

  • 13℃
  • 7℃
  • 90%

  • 12℃
  • 8℃
  • 70%

お知らせ