三田

  • 印刷
昨年開催された絵画展=ゴッホの丘
拡大
昨年開催された絵画展=ゴッホの丘

 ゴッホを愛した兵庫県三田市ゆかりの洋画家、大石輝一さん(1894~1972年)が創作活動に励んだ「ゴッホの丘」(同市中内神)で23日、近代ヨーロッパで活躍した画家の複製画を飾る「森の絵画展」が開かれる。緑豊かな会場に、巨匠らの名作約20点が並ぶ。

 大石さんは「ゴッホがほれ込んだ南仏アルルに似た場所にアートガーデンをつくりたい」と、広大な丘陵地にアトリエを建設。ゴッホの記念碑や、アポロ11号の月面着陸を記念した壁画などを制作した。

 現在は社会福祉法人「ひょうご障害福祉事業協会」(宝塚市)が土地の一部を管理。大石さんをしのび、毎年遺品の複製画コレクション約100点の中から展示している。今年は、ゴッホの代表作「寝室」や、砂漠を背景に巡業するサーカス一家を描いたピカソの「サルタンバンクの家族」などを展示する。

 無料。午後1時半~3時。雨天の場合は30日に延期。同法人TEL0797・73・7213

(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(10月16日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ