三田

  • 印刷
古民家を改装した店内。ギャラリーとしても利用されることに=花乃舎
拡大
古民家を改装した店内。ギャラリーとしても利用されることに=花乃舎

 サイクリングを楽しむ人たちの休憩スポットとなっているカフェが、兵庫県三田市小野にある。昨年5月にオープンし、今月からは多趣味な利用客の写真や絵を展示するギャラリーも始めた。

 築約100年の古民家を活用したカフェ「花乃舎」。唯文砂子さん(47)がオープンさせた。同じ建物では夫の陸奥男さん(48)が自転車のフレーム部分を専門に作る「自転車工房エコー」を経営する。

 自然豊かな市中北部の山道は高低差があり、ツーリングを楽しむ人が多い。小野も人気のコースだが、近くにコンビニや飲食店が少なく、花乃舎はおなかをすかせた自転車愛好家にカレーや定食、スイーツも提供する貴重な場所になっている。

 口コミで広まり、最近では1日20人ほどが訪れる。唯さん夫妻が客と交流を深めて感じたのが、自転車にとどまらない趣味の多彩さだ。アニメの登場人物を装うコスプレイヤーを撮影する客、サイクリングを題材に漫画を描く人…。発表の場を設けて切磋琢磨できればと、店内でギャラリーを企画した。

 1カ月ごとに展示内容を更新。1回目は、地元の男性会社員(30)が、自転車での旅の途中に撮影した写真27点を7月14日まで並べる。丹波市の岩屋山山頂から捉えた朝焼けや、小野市のヒマワリ畑などを縁側の席でくつろぎながら鑑賞できる。

 唯さん夫妻は「テーマは“大人の文化祭”。月ごとに自由な作風を楽しんでほしい」と話す。

 営業時間は金~月曜の午前11時~午後5時。エコーTEL079・506・7252

(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(7月19日)

  • 36℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 22℃
  • 10%

  • 38℃
  • 27℃
  • 20%

  • 39℃
  • 26℃
  • 10%

お知らせ