三田

  • 印刷
キュウリを収穫して喜ぶ子ども=三田市香下
拡大
キュウリを収穫して喜ぶ子ども=三田市香下

 畑の手入れや収穫を経験してもらうイベント「大学生と親子で農業体験」が14日、兵庫県三田市香下であった。気温が30度を超える中、親子連れら21組64人が農作業に汗を流した。

 農業を通して三田の魅力を感じてもらおうと、JA兵庫六甲三輪支店が主催。関西学院大や湊川短期大の学生ら15人でつくる「三田を知ってもらい隊」がプログラムを企画し、地元農家から協力を得た。

 今年はすでに種まきや植え付けなどで2回開催。この日は、6月に畑に植えた黒大豆の枝豆を手入れ。子どもたちは大学生からアドバイスをもらい、雑草を抜き取ったり、スコップを使って根元に土をかけたりした。続いてキュウリの収穫にも挑戦し、新鮮なみずみずしい味を楽しんだ。今後は草刈りや育てた野菜の販売を予定しているという。

 あかしあ台小4年の男児(9)は「キュウリが大きくてびっくりした。家でもトマトやスイカを育てたい」と話していた。(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 22℃
  • 17℃
  • 20%

  • 21℃
  • 13℃
  • 70%

  • 21℃
  • 16℃
  • 20%

  • 21℃
  • 14℃
  • 30%

お知らせ