三田

  • 印刷
ウナギとトマトなどで作った新メニューのサンドイッチ=三田まほろばブレッツァ
拡大
ウナギとトマトなどで作った新メニューのサンドイッチ=三田まほろばブレッツァ

 6月にオープンした商業施設「三田まほろばブレッツァ」(兵庫県三田市学園4)のレストランで、三木の養殖ウナギや三田のトマトなど県内産の食材を使ったイタリア風サンドイッチが販売されている。担当者は「五国の素材が生み出す味のハーモニーを楽しんで」とPRしている。

 メインの具材は、三木市の運送業者が6月から出荷を始めた「よかわ錦うなぎ」のかば焼き。山田錦の米粉や酒かすを混ぜ込んだ餌を与えたウナギは、肉厚で臭みが少ないという。

 アンチョビーやオリーブオイル、養父市発祥の朝倉サンショウなどで作ったソースでかば焼きを味付けし、丹波産のコメを使った香ばしい米粉パンで挟んだ。淡路のタマネギや、さっぱりした味わいにするため三田産の新鮮なトマトも使っている。

 メニューを考案した同店の上村哲也さん(42)は「兵庫の味が詰まったサンドイッチ。一度、食べてみて」と話している。

 千円。毎週月曜に20食限定で販売。午前11時~午後3時。同レストランTEL079・556・7102

(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 9℃
  • 5℃
  • 20%

  • 7℃
  • 2℃
  • 70%

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 9℃
  • 4℃
  • 30%

お知らせ