三田

  • 印刷
白いニンジン(左)と市販のニンジンを手にする山本伸一さん=三田市高次2
拡大
白いニンジン(左)と市販のニンジンを手にする山本伸一さん=三田市高次2

 兵庫県三田市の山本伸一さん(47)が、自宅でダイコンのように白いニンジンを収穫した。「毎年、ニンジンを育てているが白色は初めて」と驚いている。

 今年2月、市内の量販店で購入した種をベランダのプランターに植えた。市販の肥料を与え、毎日水やりをしたという。

 実ったのは4本。うち3本は普通のオレンジ色で6月中旬に収穫した。残る1本は、ゆっくり成長し、約1カ月遅れの今月19日に掘り出したという。

 県立人と自然の博物館で植物の生態を研究している小舘誓治研究員(56)は「生育の遅さなどが影響して、色素のカロテノイドが機能しなかった可能性がある」と指摘。JA兵庫六甲三田営農総合センターは「葉の形から見て間違いなくニンジン」とした上で、「白くなるのは大変珍しい」としている。

 山本さんは「どんな味なのか気になる。サラダにするか、カレーに使うか悩みますね」と笑顔だった。(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(8月21日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 24℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ