三田

  • 印刷
水上ステージで踊りを披露する参加者=青野ダムサイド公園
拡大
水上ステージで踊りを披露する参加者=青野ダムサイド公園

 月見と芸術を楽しむ「千丈寺湖 月見の夕べ」(神戸新聞社など後援)が24日、兵庫県三田市末の青野ダムサイド公園で開かれた。曇り空の下、約500人が中秋の名月が顔を出すのを待ちながら、大正琴やバレエのステージを楽しんだ。

 今年で24回目。市文化協会に所属する団体や一般から公募したグループの計12団体が、水上ステージで練習の成果を発表した。

 ステージは午後5時に始まり、日が暮れると、明かりが水面に照らされて幻想的な雰囲気に。訪れた人たちは、伸びやかな詩吟の響きや、ゆったりとした日本舞踊の舞台を満喫していた。

 青野ダム記念館では市茶華道協会が茶席を用意。月見団子で約200人をもてなした。

 夫と訪れた女性(60)=同市=は「水面に映った舞台がとてもきれいで、爽やかな時間を過ごせました」と話した。(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ