三田

  • 印刷
選手の視点で具体的に指導する藤田喜継さん。「ずっと補欠だったから今がある」と話す=三田市ゆりのき台3、三田西陵高校
選手の視点で具体的に指導する藤田喜継さん。「ずっと補欠だったから今がある」と話す=三田市ゆりのき台3、三田西陵高校

 100回目の節目を迎え、盛り上がった夏の全国高校野球選手権大会。西兵庫大会では、初のベスト8に進出した三田西陵高校に注目が集まった。強豪校を破ったからではない。藤田喜継監督(35)の大胆で特徴的な采配の下、選手たちが躍動したからだ。

 「攻めて、攻めて、攻め抜くことは、公立高校が強豪の私学を破って甲子園に出るために必要なのです」。打撃練習が8割。試合ではフルスイングで長打を狙い、バントはしない。大量点を奪って、相手の反撃の意欲をそぐ。この方針、確立したのは最近のことだ。

三田の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 12℃
  • 4℃
  • 90%

  • 12℃
  • -1℃
  • 90%

  • 12℃
  • 2℃
  • 90%

  • 10℃
  • 1℃
  • 80%

お知らせ