三田

  • 印刷
収穫したサツマイモを手にする子どもたち=三田市池尻
拡大
収穫したサツマイモを手にする子どもたち=三田市池尻

 富士小学校(兵庫県三田市富士が丘1)の児童ら50人が14日、校区内の畑でサツマイモ掘りを楽しんだ。富士が丘、池尻、上深田の3地区でつくる富士小校区まちづくり推進協議会(梶井秀一郎会長)が、ニュータウンと農村地域の交流を密にしようと初めて企画。子どもたちは芋掘りに汗を流した後、イモに関するクイズ大会などで盛り上がった。

 芋掘りは昨年、同小の高学年を対象に試験的に始めたところ好評だったため、全学年に拡大した。

 同日は午前9時半ごろから、池尻の農業山本勝美さん(65)の畑で、サツマイモ「鳴門金時」など約60キロを掘った。保護者やまち協の役員ら30人も加わり、子どもたちと実りの秋を実感していた。

 参加した同小2年の男児(7)は「顔の大きさほどもある大きなイモが掘れて楽しかった」。姉(10)は「家族で焼き芋にして食べたい」と笑顔で話した。(高見雄樹)

三田の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 80%

  • 10℃
  • 7℃
  • 90%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

  • 13℃
  • 9℃
  • 80%

お知らせ