三田

  • 印刷
軽やかに踊る大東紗さん=三田市中央公園
拡大
軽やかに踊る大東紗さん=三田市中央公園
石段で撮った写真をモノクロに加工した作品=弥生が丘6(大東さん提供)
拡大
石段で撮った写真をモノクロに加工した作品=弥生が丘6(大東さん提供)
鏡張りの建物はお気に入りの場所=人と自然の博物館(大東さん提供)
拡大
鏡張りの建物はお気に入りの場所=人と自然の博物館(大東さん提供)

 地元のすてきな風景を知ってもらいたい-。ダンサーの大東紗さん(27)=兵庫県三田市=と同市出身の主婦長尾静香さん(30)=東京都=が、三田の魅力的な場所をバックに踊る作品を撮影し、写真共有アプリ「インスタグラム」(インスタ)に投稿している。ダンスを絡めることで、普段見慣れた風景も少し変わった雰囲気に。2人は「三田にこんな場所があったんだ、と驚かせたい」と笑う。

 大東さんは3歳の時にクラシックバレエを始め、体や表情で自分を表現できる面白さにのめり込んだ。大阪芸術大学で専門的に学び、現在は尼崎市でダンススタジオを経営する。

 「大学で三田を離れて、初めて良さに気づいた」と大東さん。山や田園など豊かな自然が広がる一方、ニュータウンには幹線道路に架かる橋などおしゃれな建造物も多い。ただ友人に地元の魅力を伝えきれず、もどかしかったという。

 転機は9月末。大東さんは、ダンス教室のPRに使うプロフィル写真の撮影をダンス仲間でカメラの勉強をしている長尾さんに依頼した。撮影場所は、子どもの頃からなじみのある人と自然の博物館(弥生が丘6)とその周辺。鏡張りの建物や石の階段、草原のような広場…。枠にとらわれない身体表現「コンテンポラリーダンス」を踊る大東さんが写真に納まると、普段とは違う景色に写った。

 作品を眺めるうち、「これで、大好きな故郷をPRできる」と思いつき、インスタに投稿した。2人はウッディタウンのセンチュリー大橋や青野ダム、淡路風車の丘など約20カ所をリストアップし、今後、長尾さんの帰省に合わせて撮影を続けるという。

 大東さんは「アートな写真で、三田とダンスの魅力を伝えたい」と意気込む。

 インスタは「saya_shizuka」で検索。(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 80%

  • 10℃
  • 7℃
  • 90%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

  • 13℃
  • 9℃
  • 80%

お知らせ