三田

  • 印刷
斉藤晃司さんから仕事のやりがいや楽しさについて話を聞く生徒=狭間中学校
拡大
斉藤晃司さんから仕事のやりがいや楽しさについて話を聞く生徒=狭間中学校

 中学生がさまざまな職業に就く大人から、仕事のやりがいや内容を学ぶ授業がこのほど、兵庫県三田市狭間が丘4の狭間中学校であった。2000年のシドニーパラリンピック陸上男子400メートルリレー銀メダリストで、鍼灸マッサージ師の斉藤晃司さん(45)=同市=ら11人が登場。1年生107人が、働くことの楽しさや厳しさを学び、将来へ向けて夢を膨らませた。

 建設業や食品製造業などに携わる保護者や地域住民を講師に招いた。生徒はグループに分かれ、それぞれ2人ずつから話を聞いた。

 斉藤さんは20歳のときにバイク事故で失明した後、陸上競技に取り組んだ。「はり治療を受けながら長く競技を続けることができた。体のメンテナンスを通じて競技者を支えたかった」と語り、現役時代の経験が現在の仕事に結び付いていると説明。「施術をした人が笑顔になることが励み。好きなことを追い求め続ければ、なりたいものに近づける」とエールを送った。

 IT企業でスマートフォン用アプリやホームページ作成の営業をしている金子領さん(45)=同市=は、売り上げを伸ばす苦労があるとしながらも「新しい技術を勉強したり、同僚と力を合わせたりして契約に至ればうれしい。向き合い方次第で、仕事は楽しいものになる」と語った。

 1年の女子生徒(12)は「仕事は難しくて楽しくないものだと思っていたけど、イメージが変わった。勉強を頑張りながら、アンテナを広く張っていろんなことに興味を持ちたい」と話していた。(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 18℃
  • 11℃
  • 10%

  • 18℃
  • 7℃
  • 20%

  • 19℃
  • 10℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ