三田

  • 印刷
2人でひくのこぎりでヒノキの丸太を切る子どもたち=有馬富士公園
拡大
2人でひくのこぎりでヒノキの丸太を切る子どもたち=有馬富士公園
金魚すくいのように、ドジョウやドンコなどをすくうコーナーも人気を集めた=有馬富士公園
拡大
金魚すくいのように、ドジョウやドンコなどをすくうコーナーも人気を集めた=有馬富士公園

 家族で工作や自然体験を楽しむ「ありまふじフェスティバル」が20日、有馬富士公園(兵庫県三田市福島)で始まった。同公園で活動する住民グループが約20の体験ブースを用意。約5千人が訪れ、子どもらが木を切ったり、生き物に触れたりした。21日もトラックなどの“働く車”のおもちゃを木で作る催しなどがある。同日まで。

 行政と市民による実行委員会が2003年から、毎年春と秋に開いている。

 2人で向かい合ってひく珍しいのこぎりでヒノキの丸太を切るコーナーには力自慢の子どもらが列をつくった。川西市立北陵小学校1年の男児(6)と猪名川町立松尾台小1年の男児(7)は息を合わせて交互にのこぎりをひき、「ひく時は重くて大変だけど、切り落とした時のスッとした感じが楽しかった」と声を弾ませた。

 三田市の自然保護グループ「里山レンジャー」は、金魚すくいのようにメダカやイモリなど水辺の生き物をすくうブースを出店。同市立あかしあ台小4年の女児(9)は「素早く動くエビが一番難しかった。すくったカニを家の水槽で育てたい」と話した。

 21日は午後4時まで。JR三田駅やフラワータウン、ウッディタウンから臨時バスが出る。同公園パークセンターTEL079・562・3040

(高見雄樹)

三田の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 80%

  • 10℃
  • 7℃
  • 90%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

  • 13℃
  • 9℃
  • 80%

お知らせ