三田

  • 印刷
相談会への参加を呼び掛ける学生たち=神戸医療福祉専門学校三田校
拡大
相談会への参加を呼び掛ける学生たち=神戸医療福祉専門学校三田校

 神戸医療福祉専門学校三田校(兵庫県三田市福島)で28日、足と靴の健康相談会が開かれる。靴作りを勉強している整形靴科の1、2年生約60人が、訪れた人の足型を採取し、それぞれの足の特徴や靴の選び方などをアドバイスする。

 整形靴科では、病気やけがなどで市販の靴が履けない人にも合うように、履き心地や歩きやすさを考えた靴作りを学ぶ。学生たちは授業で、扁平足や左右の長さが違うなど足に悩みのある人の足型を取るなどして技術を磨いている。

 靴作りはまず、履く人の膝下ぐらいからギプスを巻いてかたどった後、足を抜いてもらい、そこに樹脂を流し込んで足型を作る。足への負担を考えながら設計し、皮や布を使って仕上げていく。専任教員(37)は「足が疲れたり、痛くなったりするのは原因がある。自分に合った靴を履くことで改善することもある」と説明する。

 相談会は地域に貢献しようと、学園祭に合わせて毎年開く。当日は、足の形や足裏への体重のかかり方を調べる「フットプリント」を専用の機械で作成。結果を見ながら、足の親指が内側に曲がる外反母趾の場合、ヒールやパンプスを履くと親指の痛みが悪化することなど、一人一人に合わせた助言をする。

 2年の学年代表城谷歩海さん(22)=大阪市=は「人それぞれ足の形は違う。いいアドバイスで、歩くのが楽になってもらえればうれしい」と話す。

 無料。相談は1人20~30分で教員も参加する。午前10時~午後4時(最終受付は同3時30分)。同校TEL079・563・1222

(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 80%

  • 10℃
  • 7℃
  • 90%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

  • 13℃
  • 9℃
  • 80%

お知らせ