三田

  • 印刷
トマトポン酢を手にする中上之仁さん(中央)と、共に開発したJA兵庫六甲と司青果の担当者=市役所
拡大
トマトポン酢を手にする中上之仁さん(中央)と、共に開発したJA兵庫六甲と司青果の担当者=市役所

 兵庫県三田産のトマトを使った「トマトポン酢」を農家とJA兵庫六甲などが共同開発し、26日から農産物直売所「パスカルさんだ一番館」(川除)と同フラワー店(弥生が丘1)で発売する。三田産特有の甘みと酸味が詰まり、こくの深い味わいを楽しむことができる。

 トマトポン酢は、トマトを原料にした調味料のシリーズ第2弾。今春に開発を始め、食品の加工を手掛ける司青果(神戸市兵庫区)が商品に仕上げた。

 300ミリリットル入り、1500本の限定発売。JAによると、しょうゆや酢などを含めた容量全体に占めるトマトの割合は35%に上り、豚肉のしゃぶしゃぶや炒め物などに合うという。2年前に発売したシリーズ第1弾の「トマトのとんかつソース」は既に約1万本が売れた。

 原料のトマトは春先の低温で実の表面が傷んだり、長雨で水分を取り過ぎて実が破裂したりし、いずれも生食用の出荷規格に合わないものを利用する。味は変わらないが、6~7月の出荷シーズンで生産量の約2割が出荷できないという。

 栽培農家の中上之仁さん(50)は「生食用以外の使い道が増えるのはありがたい。経営が安定し、若い生産者も増えてくれれば」と期待していた。

 価格は550円(税別)。パスカルさんだ一番館TEL079・563・7744

(高見雄樹)

三田の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 80%

  • 10℃
  • 7℃
  • 90%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

  • 13℃
  • 9℃
  • 80%

お知らせ