三田

  • 印刷
読み聞かせに耳を傾ける子育て中の女性ら=フラワータウン市民センター
拡大
読み聞かせに耳を傾ける子育て中の女性ら=フラワータウン市民センター

 絵本の読み聞かせを通して子育て中の母親にリラックスしてもらう「大人のための絵本の読み聞かせ」が12日、フラワータウン市民センター(兵庫県三田市武庫が丘7)であった。子どもを連れた女性らが、臨場感たっぷりに読まれる絵本の世界に引き込まれていった。

 子育て中の女性にゆとりを持ってもらおうと、市内の女性らでつくる「ありmama」が毎年開く。

 この日は、家庭や地域での読み聞かせを進める「ひょうご絵本の伝承師」の橋本佐知子さん(62)=三田市=が、萩原洋子さん(57)=同市=のキーボードの演奏が響く中、絵本8冊を読んだ。

 体の一部が楽器に変化する人たちが音楽会を開くという内容の「ひみつのがっき」では、参加者約10人が口でギターやハープなど八つの楽器の音を出しながら部屋の中を行進し、登場人物になりきった。

 次男の男児(1)と参加した女性(39)=同市=は「家では家事で頭がいっぱいだけど、今日は癒やされました」と笑顔だった。(門田晋一)

三田の最新